2011年01月20日

悩めるカフェの大男。



今日は青山でお仕事るんるん


気の小さいボクはいつも通り1時間前に待ち合わせ場所へ眼鏡


周りをウロウロしてカフェでいっぷく喫茶店

表参道をガラス越しに見物目


今日の仕事は環境関連。


あれやこれやと考えてみる。


結局、環境なんて人々の意識が変わらないと、どんだけ

国や一部の人達ががんばっても変わらない。



意識・・・・・。


最近巷で政治はどうとか、若者はどうとか

言われてますが・・・・・。ふらふら


時代が変われば人も変わるexclamation&question


そんなことはないー(長音記号1)


「日本人とは何なのかexclamation



大阪でやんちゃ坊主だったボクがいうのもなんですが、

死を覚悟しながら美しい生き方をするのが日本人なのだと思うのです。


つい何百年前にはそこらじゅうに刃物を持った人たちが歩いていました。


失態を死で償う文化もありました。


仇打ちなんて当たり前だったと思います。


極道な世の中だから道徳心は研ぎ澄まされてきたんだと思います。




今の日本は進化してできた最終型なのでしょうか。


それにしてはお粗末ですもうやだ〜(悲しい顔)



平和ボケとよく言われますが、今の世の日本は自分が生きる(生き残る)こと

ばっかり考えてる人間が多いように思います。
(アメリカ型の資本主義に汚染されている)

今回のアジアカップでの松井のアシストのように

自分を犠牲に仲間を助けるexclamation


美しい姿ですねわーい(嬉しい顔)


「生」を考えるより先に「死」を考えるなんて世界の人には

理解できないかもしれません。


青森県人に昔言われたことがあります。

「土地は先祖から受け継いでいるものではない。子孫に残すものだ」

この考え方も同様で、「生き方」より「死に方」に重点を

置いているんだと分かります。



美しい死に方を考えることにより美しい生き方を大切にするようになる。


物価と同じく生き方も安くなっているのではと自問自答しました。




そんなことを考えているとコーヒーはすっかり冷めてしまいました。



約束の時間の15分前になったので店を出ました。


それにしても外国人が多くなりました。


さっきまでいたカフェを振り返ると日本人はボクだけだった

ことに気づきました。


この人たちにとって日本は住みやすい国なんでしょうかー(長音記号2)


一昔前に「アッシー君」や「メッシー君」なんて造語がありました。

便利な人のことですねたらーっ(汗)


日本人は客観的に見て何でもかんでも便利にしますよね。

便利にものごとを考える人に限って、人から便利に使われているように

感じます。

今の日本は世界中から便利に使われているように思います。



戦後、不便がたくさんあったからよかったですが、ボクらの世代は便利な中で

育ったので「人間関係」という不便で、それでいて当たり前のことで悩む人が

多いのかもしれないですねふらふら


間違いなく昔の日本人より退化しているexclamation×2



そんなことを考えながら待ち合わせ場所に着くと


友人が怒っていましたあせあせ(飛び散る汗)


どうやらボクの腕時計は15分遅れていたみたいですもうやだ〜(悲しい顔)


ボクはいつまでたっても不便な男です失恋





川口カズノリいい気分(温泉)








posted by シェフ at 21:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。