2011年11月21日

ロクデナシのるさんちまん。



この前、医者に体を見てもらったら

2年後に死ぬよexclamation×2パンチ

なーんて言われたんで、最近頑張って


お酒ひかえております手(チョキ)


「死ぬよexclamation×2


なんて言われると若造ですが

人生を振り返るものでございやすわーい(嬉しい顔)


思えば4でナシ、5でナシ、6でナシ

の男でございますふらふら


生まれた町は大阪の堺市というところカチンコ


大阪の南部に位置して、昔から商人の町としても有名です。

今や、政令指定都市として豊かな様に見えますこの町も

僕がいた頃は大変でしたー(長音記号1)

部落問題や

人種差別など

貧富の差が著しく、

僕ら昭和49年生まれ、ベビーブーム世代の学生時代は特に

荒れておりました。


僕の両親は共働きで比較的豊かな家庭環境だったので、

幼い頃よくいじめられたものです。



ファミコンを買ってもらった時も

自転車を買ってもらった時も

サッカーシューズを買ってもらった時も

いじめられたので、自転車は買ってもらったやつは

乗らないで、皆んなといっしょに

溜池にいって、鎌のついたロープを何回も投げ入れて

捨てられている、自転車をすくい上げて自分たちで

組み立たりしていました。


小学校の時から校内暴力がはじまり

中学では暴走族やシンナー中毒が多く。

こんなことばっかり言いますとイメージが悪いですが、

ある意味、活気がある町でしたぴかぴか(新しい)


そんな町で仲間達と種のピラミッドの中、進化しておりますと

世の中の大人たちからは良く見られないものです。

ただの「ロクデナシ」ですからパンチ




そんな時、僕はある男に出会いましたぴかぴか(新しい)

もう死んでしまった彼の特集をNHKがやっていました。


何をやっても認められない町で

半ば腐りかけていた「るさんちまん」な僕は

この古い映像に心を奪われました目





「聞け、聞け!」


と、制服のおっさんが叫んでる。

初めは興味がありませんでした。

しかし、彼は多くのブーイングの中大声で叫び続けるのです。

僕はその時子供でしたので、内容は分かりませんが

背中に電流が走るほどの衝撃を覚えました。



この時のことから現在に至るまで、話し出すと

とてもながーくなりますので、ここは割愛させていただきますが。



「るさんちまん」な自分を反省したのですもうやだ〜(悲しい顔)




僕は「愛国心」でボワヴェールをやっています。


「愛国心」でドラゴンスープという会社で全国の地域活性の

御仕事をやらせていただいております。

彼の映像を見せると、やれ「右翼」だとか

悪いイメージとしてとらえられがちですが、

もっと純粋に「愛国心」をとらえて頂ければと思います。


彼に対して賛否両論あると思うのですが、


「死」をもって己の主張を伝える。


という最終段階の表現。


言葉では言い表せません。


少なくとも、地域活性化に取り組んでいる一人の

料理人を生んでくれたのは事実です。


青森県の方に会社が倒産の危機に直面した時

言われました。

「土地は先祖から譲り受けるものではない。

子孫から借りているんだ。君の様に子孫のために

仕事している人間はあきらめてはいけない」

そんな言葉に勇気づけられ頑張って来れました。


3.11大震災を経験した日本は今の状況を考え直す

いいチャンスなのだと思います。


「愛国心」

は戦争をするためのプロパガンダではありません。


「愛国心」

は家族を大切に、仲間を大切に

先祖を敬い、子孫を幸せに導く「ゆいまーる」なんだと思います。


(それは社会主義?という訳ではございません)



なんにせよ。


ロクデナシ→るさんちまん→愛国心



なんだかオモロイねわーい(嬉しい顔)



生きてることに感謝るんるん





川口カズノリいい気分(温泉)












posted by シェフ at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。