2011年03月31日

南相馬市に行ってきました。




ボワヴェールの「支援リゾット」

おかげ様でたくさんの御注文を頂いております。

ありがとうございます。


30日のAM3:00に東京を出発し、

南相馬市に向けて車を走らせました車(セダン)

救援物資は


烏龍茶(水が売っていなかったたらーっ(汗)

おでん(レトルト)

肉じゃが(レトルト)

キャベツ

大根

鯵のトマト煮

にしんの含煮

落花生

マグロさく中トロ

鶏モモ肉

生理用品

女性用下着

靴下

トイレットペーパー

などなど。

横浜の冠木さん、ダンサーのさっちゃん、築地の正一商店

ご協力ありがとうございます!
(支援リゾットのお金は今回使っていません)


車にいっぱい詰め込んで行ってきました。


110330_0556~010001.jpg


常磐がつかえないので東北自動車道で、

放射能レベルの低いところを走りました。


福島飯坂ICをおりて霊山経由で相馬から南相馬鹿島町にぬけます。

途中は自衛隊の車両だらけです。

110330_0940~010001.jpg


6号線、神奈川県警の検問をぬけると南相馬です。

110330_0924~01.jpg

ここから先は、かなりひどく・・・・

涙がでてきて、

写真とれませんでした。



気持ちを切り替え、孤立した北屋形の農家、小野田さん宅へ。


110330_1136~010001.jpg

小野田さんの家は少し高台になっているため津波はとどきませんでした。

すぐ下まで残骸がのこっています。

地震でも小野田さん手作りログハウスはビクともしなかったそうです。

ここは南相馬というより相馬市に近く、放射能レベルも低め。

感動の再会も短めに、今回の目的は小野田さんが丹精込めて育てた

イチゴを収穫し、僕の車に詰めるだけ詰めて東京に持ち帰ること。


さぁ、さぁと早速ビニールハウスへダッシュ(走り出すさま)


110330_1129~020001.jpg


地震の影響で僕の到着が遅れ、時計の針は11時。

イチゴの収穫には遅すぎます。

ビニールハウスの中はTシャツで大丈夫なくらいです。

買い手のいないイチゴ達は完熟になっています。

急いでイチゴを摘んでいきます。




・・・・・・・・。


小野田さん。


イチゴ農家って大変なんですね。


イチゴといえば可愛いイメージだけど、収穫はかなりの

重労働ふらふら


僕はデブなんで汗だくですあせあせ(飛び散る汗)


小野田さんは・・・・・。




泣いていました。


いつも笑顔の小野田さん。


男泣きしています。


放射能の風評被害で一生懸命育てたイチゴが買い手がつかず、

どんどん腐っていくそうです。

小野田さん、あきらめないで!

汗だくのデブががんばりますexclamation×2

たぶん特級のイチゴを30個は食べたと思いますハートたち(複数ハート)

110330_1129~010001.jpg

数十キロのお米とイチゴ、卵を車いっぱいにつんで

南相馬をあとにしました。

急がないとボワヴェールの夜営業に間に合いませんダッシュ(走り出すさま)



・・・・・ところがexclamation×2


ガソリンスタンドがどこも閉店、売り切れ、軽油のみ。

南相馬、相馬、福島と20箇所くらいさがしましたがもうやだ〜(悲しい顔)


そうだ!


高速道路に行けばかならずガソリンがあるはずグッド(上向き矢印)


エンストしたら事故になるもんね。


目指せ高速わーい(嬉しい顔)


一番近いICで二本松ってとこ。


ただ、二本松までが険しかったぁ


すごい山道(震災後なので)。

怖すぎるあせあせ(飛び散る汗)

頂上付近でガソリンぎりぎりたらーっ(汗)


農家のスタンド発見exclamation×2


まさに砂漠のオアシスいい気分(温泉)

「おばちゃ〜ん!レギュラー満タン黒ハート


「お兄ちゃん、閉店ね」


「おばちゃんexclamation×2そんなこと言わんといてやたらーっ(汗)もう何十件も断られてんでぇ。どうしても今日東京に帰らなあかんねん。お願いします。こんなガラ悪いけど救援物資届けに来てん。頼んますわぁふらふら

「兄ちゃん救援物資持ってきてくれたの。いいよ。家の分あげるよ」

「ありがとうございますexclamation×2でもおばちゃん困るやろ」

「おばちゃんは大丈夫。それよりありがとう」

「おばちゃん!こちらこそありがとうぴかぴか(新しい)お礼にイチゴあげる手(チョキ)


お礼にイチゴあげたら、お礼に干し柿くれたるんるん


110330_1523~010001.jpg


みんな大変やのに助けてくれるもうやだ〜(悲しい顔)

東北人の心に毎度のことながら泣かされるぜぇグッド(上向き矢印)


そして高速をぶっとばしボワヴェールの夜営業に間に合いましたわーい(嬉しい顔)



早速仕込みまくるぞるんるん

なんせ完熟なんで今日仕込まないとねかわいい


じゃ〜んexclamation×2

110330_2059~010001.jpg


クリスマスのお菓子屋さん状態ぴかぴか(新しい)

110330_2100~010001.jpg

まずは皆様も不安でしょうから〜


よーく、よーく、一生懸命洗いましてぇー(長音記号1)

110330_2318~010001.jpg

赤のスパークリングワインでさっと煮ちゃいます黒ハート


出来上がり手(チョキ)

110331_1836~010001.jpg

これはデザートのソースや、アイスクリームのベースなど

色々つかえますぞいキスマーク


110331_1837~010001.jpg

右斜め上
これ何だと思います?

これは「酢」を作っています。

イチゴ酢ですハートたち(複数ハート)

ストロベリービネガーは鮮魚などに合います(特にイカ!)

110331_1838~010001.jpg

これは特製イチゴのお酒揺れるハート

ボワヴェールでは牛乳で割って出していますバー


美味しいですexclamation×2

110331_1917~010001.jpg



まぁ、放射能は本当に深刻ですね。

お客様は放射能を恐れて東北のものを買わなくなるかもしれない。

東京のお客様は色んな産地のものを選べますもん。

しょうがないですよね。


僕はこういう時こそ、被災している地域のものを買うべきだと

思います。

日本のことですから。

東京の人は東京の事には関心があっても

地方のことに関心がなさすぎたのではないでしょうか。

原発問題は東電だけの責任ではないと思います。



今、僕はブログを書いていますが、この時間に自殺を考えている

農家さんもいるのではないでしょうか。

真面目に子孫のことを考え、真面目に日本の国民のために

働いていた仲間が苦しんでいます。

選べるという幸せな立場にいるのなら、困っている人のもの

を買ってあげることも支援だと思います。


小野田さんは、僕が持っていた物資より、

僕が美味しい、美味しいといってイチゴを食べたことや、

大事に育てたイチゴを東京の人たちに提供してくれることに

喜んでいました。


生産者。


職人。


いい仕事をする人は皆言います。


「お金じゃないんだよね。喜んでもらえるのが一番。」



何かしてあげることないかな?

というメールをたくさん頂きます。

東北の食材、いっぱい食べてください。

お願いします。


被災地域の食材のイベント企画中ですハートたち(複数ハート)

皆様、自粛は被災者のため、日本のためになりません。

僕は贅六です。

夢のある東京は今も昔も向上心ある人間の、

そして被災者の希望でもありますぴかぴか(新しい)

活気づけていきましょうexclamation


ご協力よろしくお願いします。







川口カズノリいい気分(温泉)



posted by シェフ at 22:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

悩めるボワヴェール。



たいへんな世の中になってしまいました。


被災者のことを考えると本当につらいです。


先月、お伺いした南相馬市の皆さん(前回ブログ)は無事でした。


あの豊かな南相馬市が・・・・。

僕が、災害前に御仕事で行くことになったのも運命。

もとの南相馬市に戻すお手伝いをさせて頂きます。



とはいうものの。


飲食店の皆さんの困惑は相当なもの。

被災地に比べたらと歯を食い縛ってがんばっても、

もともと景気が悪い状態に今回の天災。

閉店を余儀なくされる店もでてくるはずです。

ボワヴェールもどうなるかわかりません。


節電営業をやらせていただいておりますが、

自問自答している毎日でございます。

店を閉めるべきなのか、僕に何ができるのか・・・・。



大阪でどうしょうもない悪ガキだった僕が、

自分自身を表現できる方法は喧嘩でした。

毎日、毎日喧嘩して・・・・。

高校受験の前日に大和川で何百人単位の喧嘩で

一斉検挙されて親を泣かせたこともあります。

どうしょうもない人間でした。


得意の喧嘩で傭兵を目指しました。

フランスへはもともとビザ取得したらバックれるつもりで

辻調理師のフランス校に入りました。

学校の紹介でブルゴーニュのボーヌで働きながら、

傭兵の入り方や偽造ビザの入手方法など準備していました。


その時、働いていたレストランでの素敵な出会いが

僕を変えました。

80歳のおばあちゃんの誕生日。

その大事な宴会をシェフは僕に任せてくれました。

とにかく一生懸命に料理をつくりました。

すると、おばあちゃんのご家族の方がいっせいに厨房に入ってきて

誰が料理を作ったんだと言いました。

僕です、と答えると客席に連れて行かれ、皆から拍手されました。

シェフがとなりに来て、

「お前は、素晴らしい仕事をしてるんだよ。この家族にとっての今日は

一回しかない。その一回の思い出にお前の料理は残るんだよ」

感動しました。

悪ガキだった僕の中で何かが変わった瞬間です。

何か恥ずかしい話ですが、その時まで人から必要とされたり認められたことが

なかったんで自分の生きていく場所をみつけた気がしたのです。



僕には料理しかありません。

高校の時、学校に両親呼び出されて

「あんたたちの息子、ヤクザになるしかないで」

って言われて、おもいっきり親を悲しませました。

そんな僕を必要として、育ててくれたのが青森県です。

僕は青森県に親と同じぐらい感謝しています。

青森県との取り組みのおかげで、色んな地方から

僕のような人間を必要としていただけました。

その中の一つが福島県南相馬市の皆さんでした。


ボワヴェールの営業をどうしようか悩んでいますが、

結局僕に出来ることは「料理」しかありません。

ボワヴェールは節電しながらですが、青森県の大使館レストランとして

どんなことがあっても開店し続けます。

そして、被災された地域の皆様に少しでもお役に立てればと

思っています。

ボワヴェールの名物料理にチーズの「KAMAKURAリゾット」

があります。

0108.jpg

この料理は1500円(税抜き)ですが、お客様が御注文されますと

リゾット1500円+ボワヴェールから1500円。

合わせて3000円を被災地に寄付させて頂きます。

一度、食べられた方はご存知だと思いますが、このお料理は

大きなチーズ、ペコリーノロマーノを刳り貫いた中でつくります。

底が見えるほどにこの料理のオーダーが入るといいなぁと思います。



ご協力よろしくお願い致します。






川口カズノリ
posted by シェフ at 20:40| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

安否確認。






南相馬市には先月、地域活性の講習会で行ったばかり。。。
http://boisvert.seesaa.net/article/187102817.html


皆で楽しく料理して、食べて、畑歩いた町。


無事を祈ることしかできません。


今日、青森県のいろんな地域の方から僕の安否確認の

お電話いただきました。


感動しました。


自分達のほうが大変だろうに・・・・。


東北の魂はこういうところに感じます。



僕は大好きな東北地方に何ができるのか。

今は無力ですが(自衛隊の皆様お願いします)


僕にできることがきっとあると思います。




今はただただ祈るばかりです。







安否確認左斜め下


■グーグル「パーソン・ファインダー」
http://japan.person-finder.appspot.com/?lang=ja

■NHK教育テレビの安否情報受付
電話番号:
03(5452)8800
050(3369)9660
050(3369)9680

■iモード災害用伝言板
http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/

■ソフトバンク災害用伝言板
http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

■au災害用伝言板
http://www.au.kddi.com/notice/saigai_dengon/index.html


posted by シェフ at 18:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

青森の人気シェフ、ボワヴェールに!




青森県の人気フレンチレストランぴかぴか(新しい)

evie(エヴィエ)のシェフが御来店されましたわーい(嬉しい顔)
http://www.evie-french.jp/index.html


彼とは以前、お魚屋さんの紹介で知り合いました。


以来、青森の食材のことを色々と情報交換しあう仲になっています。


彼の食べ歩き方には本当に驚かされます目

この日も

銀座 シェ・イノ

銀座 デパ地下弁当

丸の内 リゴレット

西新橋 ボワヴェール

銀座 ヴィオニス

八丁堀 ガールド・リヨン


とまぁ、胃袋やぶれるんちゃうかexclamationって感じのスケジュールふらふら


僕は最後の二つを御一緒しましたバー


110308_0107~01.jpg

このガッツリ感exclamation×2


これぞ!ガールド・リヨンスタイルハートたち(複数ハート)


110308_0035~01.jpg

佐藤シェフもご満悦ハートたち(複数ハート)


ボワヴェールでは新メニューの

常盤村 護摩姫鶏のローストを食べていただきましたグッド(上向き矢印)


護摩姫鶏の参鶏湯も試食していただきましたグッド(上向き矢印)


khjf9LBI4BGiOdR1ZOFbxw.jpg


この参鶏湯は最高でしたexclamation×2

生産者に絶対美味いからやってみろ

って言われたんですが、めちゃくちゃ美味しかったです手(チョキ)

裏メニューで用意しておきますねハートたち(複数ハート)

ナツメのかわりに鯵ヶ沢のけやぐのつくった

乾燥プラムを入れたのが大当たりひらめき

料理っておもしろいかわいい






佐藤シェフとのコラボレーションも今年実現できそうでするんるん





川口カズノリいい気分(温泉)
posted by シェフ at 13:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

僕らの食材。




青森県が大好きで

日々、食材発掘をしておりますと

いろいろな角度から青森県を観察できます眼鏡


観察すればするほど

青森県の「人」が好きになってきます。

嫌いなところがあるのかと言われれば、

嫌いなところも好きなのでございます。


僕は料理人ですので、店のための

食材を探しに青森県に行っているのだと思われる方が

多い様ですが、

実のところ青森県には「自分のため」に行っているのでありますぴかぴか(新しい)



地球の一部である自分が何を選んで、何を調理し、どういうものを

残していくのか?

青森県の文化、歴史、人を勉強することで「これからの自分」の

方向を見つけ出しているのです。




ごちゃこちゃと訳のわからんことを、とお叱りを受けるかも

しれませんがパンチ
御荷物になりませんので聞いてくださいませ。





青森県には技術的に優れた料理人が多く、

日々、新しい技術を世界中から取り入れております。


勤勉な県民性によって考えられた伝承料理を

食べてみると、なるほど高い知識の人々が大昔から

この地に居たことが分かります。


津軽衆気質も興味深く、


「えふりこぎ」  (見栄っぱり)

「じょっぱり」  (意地っぱり)


などに代表される性格が、この最北端の県が

ここまでファンキーな県になった要因となっていることに

間違いありませんハートたち(複数ハート)


青森県の夜の町夜を歩いていると、なかなかのものでございます。


そんじょそこらのサファリパークに行くよりも面白い事間違いなしで

ございます。

変わった人が多いと言えば分かりやすいですが、

今の世の中、変わった人が変わっているのか、変わっていない人が

変わっているのか、よく分からないですので、変わっていないのかも

しれないですが・・・・。

コテコテ関西人の僕がジャッジさせていただくと、

かなり変わっているのです。


ある七戸町のけやぐは、家を増築しようとして

今住んでる家に、一回り大きい家をかぶせてしまいました。

家の中の家にはかなり驚かされました。

そのうちロシアのマトリョーシカ人形のような家になりそうです。


森田村のけやぐはタクシードライバーで

お金がないお客さんを目的地まで何十キロもバック走行のみで

送りました。

首が痛かったそうです。


鯵ヶ沢のけやぐは畑の真ん中にウィスキーの樽でつくったお風呂を

何台も作っちゃいました。

混浴だそうですが、今だ男しか入らないそうです。



そんな青森県の中でも「愛すべき」変わった人達は、

ものすごいことをやってのけます。

奇跡のリンゴ 木村秋則さんもその中の一人でしょう。



そんなものすごい人の一人が僕に協力してくれました!

超わがままな僕のために鶏を育ててくれたのです!!


その名も!


「護摩姫鶏」exclamation×2   ボワヴェールはシャモロックちゃうんかいグッド(上向き矢印)

と言われる方も多いと思いますが、シャモロックも引き続き使わせて頂いております。


やはり、青森県から攻撃する食材と守る食材ぴかぴか(新しい)

整備することを提案します。


何でもかんでも外に出してしまうより、青森県にこないと食べれない食材が

あったほうがいいと思うのです。

攻撃する食材「青森シャモロック」

守る食材「護摩姫鶏」




まずは、ボワヴェールで御試食くださいわーい(嬉しい顔)


絶対に損はさせませんexclamation×2







川口カズノリいい気分(温泉)



posted by シェフ at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ボワヴェール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。